雪の運転には要注意を

雪の運転には要注意を

初めて雪道を運転する場合、レンタカーの担当者に言えば注意する点を教えてくれることもありますが、あくまでも警告であり、その後は自分の運転テクニック次第になってしまいます。行き当たりばったりにならないためにも、前もって雪道の危険性について知っておきましょう。

ブラックアイスバーンに要注意

雪が踏み固まることで滑りやすくなる現象が起きます。それをアイスバーンと呼びます。あまり雪を経験したことがない地域でたまに降った雪が積もると、経験したこともあるでしょう。その上を踏むことによって滑ってしまいます。トンネルの入り口付近になると、溶けた雪が日に当たらないことでそのまま凍ってしまい、そこで滑ることも。
またアスファルトが濡れて見えるような状態になっているときも要注意です。薄い氷を張っている状態になり、そこで滑ってしまうと、対向車線から来た車と衝突する可能性があります。どちらにしても急ブレーキや急ハンドル、急発進と急加速には注意をしてください。

経験したことがない視界不良

雪をそれほど経験したことがない人にこそ、とても驚く現象になります。雪によって完全に視界が遮られることも。そうなると対向車だけではなく、道路の境目もわからなくなりますので、とても怖い状況に陥るでしょう。ホワイトアウトが収まるまで路肩でじっとしておくのもひとつの方策。どうしても走らなければならないのであれば、ライトを付けて車間距離をいつも以上に空けておきましょう。

安全運転を心掛けるように

北海道ならではの自然の驚異を目の当たりにするのは冬です。急が付く運転をしないことと、比較的安定して運転をすることができる4WDをレンタルするなど、対策を立ててください。

関連する記事

    None Found